査定価格アップの方法

大きな車

動かない車でも高額で売れる場合がある

「車を売る」とき査定に大きく関わるのが、走行距離と年式です。どこのショップで査定しても、この2つで判断されます。走行距離は短く、年式は新しいほど高い査定額が期待できるそうです。 最近では、事故をおこした車や動かない廃車でも、高額で売れる場合があるそうです。 事故をおこしていても廃車でも、その車を必要としているショップがあります。 車自体が動かなくても、パーツが高額で売れることが多いそうです。シートやハンドル、タイヤなど、想像以上に高く売れるものがあるといいます。 購入時に、シートやハンドルにカバーをしておくと良いそうです。きれいな状態をキープできるので、査定額がアップする可能性が高いと言われています。

買取りショップで売ると良い

「車を売る」ときは、買取りショップで買取りしてもらいます。 ディーラーで引き取ってもらう人もいます。めんどうな人はこの方法が1番簡単ですが、少しでも高く売るなら、買取りショップで売るようにします。 買取りショップで査定してもらう場合は、なるべくたくさんのショップで査定してもらうことが大切です。 ショップによって、求めている車種がそれぞれ違うので、買取り額も違います。 たくさんのショップで査定してもらって、その中で1番高く査定してくれたところを選びます。 買取りしてもらうときに、洗車をしておくことも大切です。 見た目がきれいになることはもちろんですが、キズやへこみがあった場合、はっきり分かって良いからです。